名古屋グランパスがマテウス2発などで清水に快勝。アビスパ福岡は5連勝【J1第14節結果】

2021年05月15日(Sat)16時03分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ
【写真:Getty Images】

 明治安田生命J1リーグ第14節の試合が15日に各地で開催されている。14時キックオフのカードとしては2試合が行われた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今季わずか1勝で降格圏の19位に沈むベガルタ仙台は、対照的に4連勝で6位と躍進するアビスパ福岡と対戦。24分には平岡康裕のヘディングが惜しくも左ポストを叩くなど何度か決定機を迎えたが、GK村上昌謙の好守もありゴールを奪うことはできない。

 スコアレスのまま迎えた終盤にも、福岡はわずかにゴール右に外れたフアンマ・デルガドのシュート、仙台は村上に弾き出された赤崎秀平のボレーなどお互い決定機はあったが決められず。後半アディショナルタイムに福岡の渡大生がゴールネットを揺らしたプレーもオフサイドで無効となったかと思われた。

 だがVARの判定により渡に出たボールはパスではなく仙台の選手に当たったものだったことが確認され、最終的に得点が認められる。91分のこのゴールが決勝点となり、福岡がクラブ記録の5連勝を飾った。

 2位の名古屋グランパスは16位の清水エスパルスに対して前半から優位に試合を進め、24分には先制点を奪うことに成功。左サイドでのFKからマテウスがクロスを入れ、清水がクリアを試みてエリア内に浮いたボールを柿谷曜一朗が押し込んだ。

 前半はそのまま名古屋が1点リードで折り返し、後半立ち上がりの50分には追加点。左サイドでのスローインを受けたマテウスがクロス性のボールをゴール前に送り込むと、飛び込んだ選手が誰も触れなかったボールがそのままゴール左隅へ突き刺さった。

 終了間際の89分にも速攻からマテウスがダメ押しの3点目。3-0の快勝を収めた名古屋は首位川崎フロンターレとの差を暫定7ポイントに縮め、清水は8試合連続白星無しとなった。

【了】

新着記事

↑top