リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

15位:あだ名はルーニーで、憧れはベッカム

キーラン・トリッピアー
【写真:Getty Images】

DF:キーラン・トリッピアー(イングランド代表/アトレティコ・マドリード)
生年月日:1990年9月19日(30歳)
市場価値:2000万ユーロ(約24億円)
19/20リーグ戦成績:25試合0得点4アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 トップレベルで活躍するイングランド人が海外移籍するケースは珍しい。レアル・マドリードで4年間プレーしたデイビッド・ベッカムは数少ない代表例の1つ。そのベッカムに憧れて育ったのがキーラン・トリッピアーで、2019年の夏からアトレティコ・マドリードでプレーしている。

 右サイドから放たれる右足のキックこそが、トリッピアーの最大の武器となっている。元同僚のジエゴ・コスタからは「ルーニー」と呼ばれていたが、そのキックは憧れだったベッカムを彷彿とさせる。「テクニック」も安定感があり、ビルドアップでも敵陣の崩しでも高い能力を発揮できる。クロスボールを含めたキックの質は、ラ・リーガの右サイドバックの中でもトップレベル。今季はウイングバックでプレーする機会が増えたことで、その能力はさらに相手の脅威となっている。

 攻守における総合力の高さもトリッピアーの特徴と言える。アトレティコ移籍は初の国外移籍となったが、すぐにディエゴ・シメオネ監督の要求に応えるパフォーマンスを見せた。絶え間なくサイドを上下動してハードワークし、アトレティコのスタイルを体現している。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top