リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

10位:35歳でも衰える気配のない世界最高のMF

ルカ・モドリッチ 20/21サッカー選手能力値ランキング
【写真:Getty Images】



MF:ルカ・モドリッチ(クロアチア代表/レアル・マドリード)
生年月日:1985年9月9日(35歳)
市場価格:1000万ユーロ(約12億円)
19/20リーグ戦成績:31試合出場/3得点8アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 クロアチアで生まれ育ったルカ・モドリッチは、世界最高のMFと呼ばれるまでに成長した。172cmと小柄で、強靭な「フィジカル」や「スピード」があるわけではない。にもかかわらず、レアル・マドリードという巨大なクラブで9年間もプレーし、15年に渡ってクロアチア代表の中心選手として活躍している。モドリッチのプレーを見ても、今年36歳になるとは到底思えない。

 特筆すべきはモドリッチの「IQ」だ。身体能力で劣るモドリッチは、自分がどこにいるべきかを常に理解し、適切なポジションを取っている。ビルドアップのサポートに入り、サイドに開いて数的優位を生み出し、空いたスペースに飛び出していく。セントラルMFというポジションは多くのタスクが要求されるが、それを高いレベルで遂行している。

 もちろん、ボールを扱う技術も高い。相棒のトニ・クロースには劣るが、ロングレンジのパスは正確で、ラストパスの質も高い。90分間落ちない走力と、巧みなコース取りから生まれる「ドリブル」はチームに推進力を生む。モドリッチの技術とインテリジェンスに、MFとして必要なプレーが詰まっていると言っても過言ではない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top