日本代表
【写真:Getty Images】



 FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選の日本代表対タジキスタン代表戦が7日に行われている。前半40分には南野拓実のゴールで日本代表が2-1と勝ち越すことに成功した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 前半6分には代表初先発の古橋亨梧が起用に応えるゴールを挙げて早々と先制した森保ジャパン。だがそのわずか3分後にはタジキスタンに今予選初失点となるゴールを許し、1-1に追いつかれてしまった。

 前半は1-1のままなかなか決定機を生み出せない展開が続いたが、ハーフタイムが近づいたところで再びこじ開ける。決めたのは今予選を通してゴールを量産している南野だった。

 山根視来からの縦パスで古橋が右サイドのオープンスペースに抜け出すと、深い位置からクロスを上げる。南野がニアポストに滑り込んでダイレクトで合わせ、左足でのシュートでGKのニアを破った。

 南野はこれで今予選開始から7試合連続の計9ゴール目。予選での連続得点記録としては本田圭佑に並ぶ日本代表タイ記録となった。

【了】

新着記事

↑top