2位:プレミアリーグで暴れる爆速男

モハメド・サラー21
【写真:Getty Images】



FW:モハメド・サラー(エジプト代表/リバプール)
生年月日:1992年6月15日(29歳)
市場価格:1億ユーロ(約120億円)
20/21リーグ戦成績:37試合出場/22得点5アシスト

 ローマからリバプールに籍を移したのは2017年のこと。そこから、一気に世界最高峰への階段を駆け上がった。チームのプレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献しただけでなく、プレミアリーグ得点王に2度輝き、2018年には同リーグ年間最優秀選手賞を受賞するなど個人賞も数々獲得。リバプールというクラブの歴史にその名を残す一人と言えるだろう。

 そんなモハメド・サラー最大の武器は、言わずもがな「スピード」だ。風のようにサイドを疾走し、一瞬で相手を置き去りにすることができる。とくにカウンター時の威力は凄まじく、なんてことないクリアボールを速さを活かして拾い、チャンスに結びつけてしまうこともしばしば。数値は93と、当然ながら圧倒的なものとなっている。

 リバプールですでに公式戦125得点を奪っている事実が示す通り、得点力の高さはピカイチ。利き足である左足から放つシュートはもちろん、右足でのフィニッシュも決して悪くない。また、身長175cmと大柄ではないが「フィジカル」が強く、ユニフォームを引っ張られたり手を使われても簡単にはプレーを止めない。このパワフルさも、ゴールを量産できる理由と言えるだろう。

 まだ十分とは言い難いが、リバプールでは「守備力」もじわじわと向上中。「空中戦」はさすがに大きく評価が落ちるが、やはり能力値全体を見ると申し分ない。“あの男”さえいなければ、間違いなく1位だった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top