1位:ポルトガルで誕生したスーパースター

スライド1
【写真:Getty Images】



FW:クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表/ユベントス)
生年月日:1985年2月5日(36歳)
市場価格:4500万ユーロ(約54億円)
20/21リーグ戦成績:33試合出場/29得点2アシスト

 CF能力値ランキングの1位に輝いたのはポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドだ。ユベントス在籍3年目となった2020/21シーズンはセリエA開幕10試合で8得点を叩き出すなど好スタートを切り、以降もペースを落とさずゴールネットを揺らし続けている。結果、33試合出場で29得点を奪った背番号7は、他の並み居る実力者を抑え得点王を獲得。改めて、その力を世に示した。

 ゲームの組み立てに関与し続けるタイプではないが、仕上げのクオリティーはやはりずば抜けて高い。シュートのパワーは左右両足ともに圧巻で、目を見張るようなジャンプ力を活かした「空中戦」の強さも相変わらずピカイチ。そしてもちろん、ゴールに対する意欲も人一倍持っている。だからこそ、自身初のセリエA得点王に輝くことができた。

 今年で36歳になり、さすがに全盛期ほどの「ドリブル」のキレや「スピード」はなくなっているが、それでもまだまだ高いレベルにあることは明らか。とても、30代後半の選手には思えない。ちなみに先日、ユーロ2020でポルトガル代表と顔を合わせることになったベルギー代表のFWロメル・ルカクは「彼のドリブルとキックが欲しいね」とコメントを残していた。

 先月、ユーロ・グループリーグのハンガリー代表戦を前にした記者会見に臨んだC・ロナウドは、席の目の前に置かれていたコカ・コーラをどけ、「水を飲め!」といきなり発言。話題となった。こうしたストイックさが、36歳になってもなお世界のトップに位置できる所以だろう。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top