リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

5位:ウルグアイが生んだゴールハンター

スライド1 (3)
【写真:Getty Images】

FW:ルイス・スアレス(ウルグアイ代表/アトレティコ・マドリード)
生年月日:1987年1月24日(34歳)
市場価格:1500万ユーロ(約18億円)
20/21リーグ戦成績:32試合出場/21得点3アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 戦力外通告を受け6年過ごしたバルセロナを離れざるを得なくなったが、やはり世界最高峰のストライカーであることに変わりはなかった。ルイス・スアレスは新天地アトレティコ・マドリードでさっそくレギュラーに定着すると、これまでと同じくゴールを大量生産。得点力不足に悩んでいたチームのラストピースとなり、2013/14シーズン以来となるラ・リーガ制覇をもたらした。

 センターフォワードとして必要な能力はすべてハイレベルに備わっている。決定力の高さは言わずもがな折り紙付きで、華麗なアクロバティックから身体ごと投げ出す泥臭いものまで、ゴールパターンも非常に豊富である。また、バルセロナ時代にはリオネル・メッシの得点を多くアシストするなど、味方を活かす術も熟知しているのがこの男の特徴である。

 爆発的なスピードはないが非凡な「フィジカル」を誇っており、やや体勢を崩してもシュートまで持っていってしまうことが多い。また、オフ・ザ・ボールの動きや相手DFとの駆け引きにも長けるなど、FWとしての「IQ」の高さもピカイチである。そして何より、環境が変わっても常に結果を残し続けられるメンタリティーとハングリー精神は見事という他ない。

 スアレスは今年で34歳。サッカー選手としてはベテランの域に達している。しかし、まだまだゴールを量産し、観る者を大いに沸かせてくれるだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top