リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。


20位:ラッパーとしても有名なバルセロナ新加入FW

メンフィス・デパイ 能力値
【写真:Getty Images】

FW:メンフィス・デパイ(バルセロナ / オランダ代表)
生年月日:1994年2月13日(27歳)
市場価格:4500万ユーロ(約54億円)
20/21リーグ戦成績:37試合20得点12アシスト(リヨン)


【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 オランダの名門PSV下部組織出身であるメンフィス・デパイは2011年9月に行われたKNVBカップ2回戦でトップチームデビュー。その後トップチームでは中々出場機会を与えられなかったが、2013/14シーズンから主力に定着することに。同シーズンは公式戦43試合に出場14得点10アシストを記録した。

 翌シーズンはデパイにとって飛躍の年となる。同選手はエールディビジ開幕戦で2ゴールを決めると、リーグ戦3試合連続ゴールを記録。その後も順調にゴールを積み重ね、そのシーズンでは30試合に出場22得点を記録し得点王に輝いた。PSVの2008年以来22度目となるオランダリーグ優勝に貢献した。

 PSVでの活躍が認められたデパイは2015年5月に当時ルイ・ファン・ハール監督が率いていたマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。同クラブでは数々の名選手が背負ってきた背番号7をつけた。しかし、クリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードに移籍して以降、7番をつけた選手が活躍できないという負のジンクスが続いていた。それを払拭できなかったデパイはリーグ戦29試合2得点1アシストにとどまった。そして2017年1月にリヨンへ移籍。そこでの活躍が認められ、今年6月にフリーでバルセロナへ移籍することになった。

 サッカー選手としてその実力を発揮しているが、曲をリリースするなどラッパーとしての才能も見せている。左ウィングとしてもプレーできるデパイは技巧派タイプのFWである。176cmと小柄ではあるが、非常にテクニックがあり、パスセンスとシュートセンスが光る。さらにポストプレーもでき、センターフォワードとして必要な能力も兼ね備えている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top