川崎フロンターレ、最強の日本人スコアラーは誰だ!? 歴代日本人得点ランキング1~5位。レジェンド中村憲剛、3季連続得点王・大久保嘉人を抑えての首位は…?

2021年07月10日(Sat)8時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代日本人得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

 29年目を迎えたJリーグでは、これまでに数多くの選手がゴールを決めてきた。川崎フロンターレでも、数多くのゴールが生まれ、クラブの歴史を刻んできている。今回は、川崎フロンターレでプレーした日本人選手の中から、所属時の得点ランキングを紹介する。※成績はJリーグ通算

5位:中盤の底からゴール量産

谷口博之
【写真:Getty Images】

谷口博之
生年月日:1985年6月27日
Jリーグ通算成績:190試合/40得点
在籍時期:2004-10


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 川崎フロンターレで190試合に出場して40ゴールを挙げた谷口博之が、5位となった。

 谷口は横浜F・マリノスのユース出身で、2004年にJ2のフロンターレに入団。次第に出番を増やしていくと、2006年にはチーム3位の13ゴールを記録し、得点の面でもチームに大きく貢献した。

 主にボランチで活躍した谷口は、2010年に出場機会が減少。より多くの出番を求めて横浜F・マリノスに移籍した。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top