U-24日本代表はフランスどのように葬ったか? 交代策の成果とリスクを負わせた戦い方【西部の目/東京五輪男子サッカー】

2021年07月29日(Thu)11時30分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司 photo JMPA
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

U-24日本代表は28日、東京五輪(東京オリンピック)男子サッカー・グループステージ第3節でU-24フランス代表と対戦し、4-0で勝利している。前半に2得点を挙げてグループリーグ突破を確実にしたU-24日本代表は、後半も有利な状況を追い風に確実に加点していった。メダル獲得までは3試合あるが、良い状態で決勝トーナメントに進むことができたと言える。(文:西部謙司)

フランスにリスクを負わせた戦い方

2021-7-28-japan_jmpa
【写真:JMPA代表撮影】



 1点差負けでもグループリーグ突破が決まるU-24日本代表にとっては、リードした状態から始めるような試合だった。リードしているチームはなるべくリスクを負わず、相手にリスクを冒させることで有利な展開に持っていける。ここまでの2試合ではそれが上手くできなかったが、このU-24フランス代表戦ではやれていた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 意外にもフランスは高い位置からプレスをしてこなかった。今回は寄せ集めの編成なので、やりたくてもできなかったのかもしれない。逆にU-24日本代表のハイプレスに対しては、個の能力で外せてもパスワークでは外せない。個で何とかしようとするので、かえって奪いやすかった。

 U-24日本代表は落ち着いてビルドアップできるので、じっくりつないで敵陣に入り、ハイプレスで奪うかロングボールを蹴らせて回収という流れになった。

 久保建英、酒井宏樹のゴールで2-0とし、前半で準々決勝進出を確実にした。負傷から復帰した上田綺世が強烈なシュートで2つの得点を呼び込んだ。ただ、酒井が大会2枚目のイエローカードで次戦に出られなくなってしまう。

 後半の焦点は、これ以上の出場停止者、負傷者を出さないことになった。酒井のほかに、イエローカードをもらっていたのは中山雄太、遠藤航、田中碧、堂安律、冨安健洋の5人。いずれも欠かせない軸になっている選手たちである。

1 2 3

新着記事

↑top