マリノスが前田大然ハットトリックなどで5発大勝。名古屋グランパスは7戦ぶり白星【J1第24節結果】

2021年08月15日(Sun)19時56分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ
【写真:Getty Images】



 明治安田生命J1リーグ第24節の試合が15日に各地で開催されている。18時キックオフの試合としては横浜F・マリノス対大分トリニータ、名古屋グランパス対湘南ベルマーレの2試合が行われた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 10戦負けなしで首位川崎フロンターレを追走する横浜FMは前半から試合を支配し、30分には先制点を奪うことに成功。岩田智輝からのスルーパスを受けた仲川輝人がエリア右に抜け出し、折り返したボールに前田大然が中央で合わせて今季11点目を挙げた。

 大分も劣勢の中でワンチャンスを生かし、39分には右CKからのクロスに伊佐耕平がヘッドで合わせて1-1の同点。だが45分にはディフェンスラインの裏へ抜け出したレオ・セアラがループシュートでGKを破り、横浜FMが前半のうちにリードを奪い返して折り返した。

 55分には扇原貴宏の絶妙なスルーパスで抜け出した前田の折り返しからレオ・セアラがこの日2点目。さらに75分には水沼宏太からのロングボールで抜け出した前田もループシュートで自身2点目を挙げて4-1とする。

 83分には左サイドを深くえぐったエウベルからのクロスにゴール前の前田が頭で合わせてハットトリックを達成。5-1の大勝を飾った横浜FMが11戦連続無敗で川崎Fとの差を6ポイントに縮めている。

 名古屋対湘南戦はお互いチャンスもあったが無得点で前半を折り返す。名古屋は71分、交代で投入された直後の相馬勇紀が左サイドを突破しクロスを入れたが、ゴール前を横切ったボールに合わせた新戦力シュヴィルツォクの決定的なシュートは右ポストを叩いてしまう。

 それでも74分、ついに均衡を破ったのは名古屋。北海道コンサドーレ札幌から加入して先発デビューのキム・ミンテが左CKから相馬の上げたクロスを頭で叩き込んだ。1-0で試合を終えた名古屋は3連敗を止めて7試合ぶりの白星。湘南は5連敗となった。

【了】

新着記事

↑top