日本人サッカー選手歴代移籍金ランキング61~65位。才能は本物だったのに… 期待に応えられなかった天才とは?

2021年11月25日(Thu)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で移籍金の高い歴代日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※移籍金は11月2日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

65位:わずか5ヵ月で…

1124-大久保
【写真:Getty Images】

FW:大久保嘉人(元日本代表)
生年月日:1982年6月9日(39歳)
クラブ:ヴォルフスブルグ→ヴィッセル神戸
移籍日:2009年6月16日
移籍金:150万ユーロ(約1.8億円)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 高校卒業後、セレッソ大阪に加入した大久保嘉人は、3年目の2003シーズンに日本人最多の16得点を記録した。同年に日本代表デビューも果たすと、年末にはアジア年間最優秀ユース選手賞を受賞。翌年開催されたアテネオリンピックでは、グループリーグ敗退となったが、3試合2得点の活躍を見せ、2005年にマジョルカに移籍を果たした。

 マジョルカでは主力となるも、なかなか結果を残すことが出来ず、2006年にセレッソ大阪に復帰した。しかし、低迷するチームは救うことは出来ず、チームはJ2に降格。翌年にヴィッセル神戸に移籍すると、2年後の2009年には当時、長谷部誠の所属するヴォルフスブルクに移籍。再び欧州リーグ挑戦を決断した。

 在籍期間は約5ヵ月と短かったが、クラブ史上初のリーグ優勝に貢献した。しかし、当時のヴォルフスブルクにはエディン・ジェコやグラフィッチがいたことや、シーズン終了後に大久保を評価していたフェリックス・マガト監督が退任したことで移籍を決意。2009年6月に150万ユーロ(約1.8億円)でヴィッセル神戸に復帰した。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top