最高額のJリーガーは誰だ? サッカー選手市場価値ランキング81~85位。自己最高は約22億円!! 世界を知る男の現在は?【2021最新版】

2021年12月23日(Thu)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い Jリーガーは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は11月30日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

85位:成長中の守備職人

荒木隼人
【写真:Getty Images】

DF:荒木隼人(日本/サンフレッチェ広島)
生年月日:1996年8月7日(25歳)
市場価格:90万ユーロ(約1.1億円)
2021リーグ戦成績:36試合2得点1アシスト


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 関西大学卒業後の2019年にサンフレッチェ広島へ加入。J1の舞台では当初こそなかなか出番を得られなかったが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で存在感を示したことにより、シーズン中盤戦より3バックのレギュラーに定着している。その活躍が認められ、同年11月にはキリンチャレンジカップに臨む日本代表メンバーにも招集されていた。

 2020シーズンも主力としてプレーし、J1では33試合でフル出場を達成している。そして背番号を「4」に変更した今季もレギュラーの座を守り抜いており、リーグ戦では36試合に出場。ゲームキャプテンを経験し、キャリアハイとなる3得点に絡む活躍も見せた。

 市場価値はブレイクした2019シーズン終了後に70万ユーロ(約8000万円)に到達。その後新型コロナウイルスの影響でダウンしたが、そこから再び盛り返し、現在は自己最高額の90万ユーロ(約1.1億円)を記録している。先日には広島と2022シーズンの契約を更新したことが発表されており、同クラブでの更なる成長に期待がかかる。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top