Jリーガーの最新市場価値が明らかに! 荒木遼太郎が大幅アップ! 現役サッカー日本代表がトップに

2022年01月14日(Fri)19時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

0106-荒木
【写真:Getty Images】



 選手の市場価値を独自のソースから算出しているデータサイト『transfermarkt』は14日、J1リーグに所属する全選手の市場価値をアップデートした。その結果、トップ10には変化が見られている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 トップ10に入った日本人選手は3人。武藤嘉紀の市場価値は現状維持の250万ユーロ(約3億円)で全体3位。7位の200万ユーロ(約2.4億円)には複数の選手が並んでおり、その中の1人として今季から再び鹿島アントラーズでプレーする鈴木優磨が入っている。

 トップに立ったのは日本代表でも活躍する酒井宏樹。市場価値は前回時点から50万ユーロ(約6000万円)ダウンの350万ユーロ(約4.2億円)で、2位を80万ユーロ(約9600万円)離して首位を守り抜いている。

 2021シーズンのベストヤングプレーヤーに輝いた荒木遼太郎は、市場価値を大幅に上げることとなった。トップ10に入ることはできなかったが、55万ユーロ(約6600万円)から95万ユーロ(約1.1億円)と急上昇。1億円の大台を突破している。

出典:Transfermakrt日本語版

1 2

新着記事

↑top