鹿島アントラーズ史上最強! 伝説の英雄5人。小笠原満男、曽ヶ端準…最強助っ人も

2022年01月16日(Sun)9時00分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

 1993年に開幕したJリーグは今年で30周年の節目を迎えた。鹿島アントラーズでは、これまでに多くのレジェンドたちが活躍してきた。今回は、数々の伝説の選手から5人を厳選して紹介する。

3連覇に貢献した最強助っ人

マルキーニョス
【写真:Getty Images】

FW:マルキーニョス
生年月日:1976年3月23日
リーグ通算成績:119試合59得点
主な獲得タイトル:J1(2007, 08, 09)、天皇杯(2007)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 鹿島アントラーズの黄金期に活躍した代表的なFWがマルキーニョスだ。2007年からのJ1・3連覇に貢献し、2008年には得点王とMVPの個人タイトルを手にしている。

 2001年から日本でプレーしていたマルキーニョスがアントラーズに加わったのは2007年のこと。圧倒的な得点力を見せて、4年でリーグ戦59ゴールを挙げた。J1で3連覇したほかにも、天皇杯1回とゼロックス・スーパーカップを2回のタイトルも手にしており、黄金期を支えた一人だ。

 アントラーズで4年を過ごしたマルキーニョスは、日本で15年間にわたってプレー。J1通算152ゴールは、歴代の外国人選手で最多。日本サッカー界に大きな影響を与えた助っ人だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top