サッカー日本代表 最新ニュース

japan_tnk

【写真:田中伸弥】




日本代表の予想フォーメーションは…


 日本サッカー協会(JFA)は22日、カタールワールドカップアジア最終予選2試合に臨む日本代表メンバーを発表している。日本代表が本大会出場を懸けたラスト2戦をどのような先発メンバーで戦うのかを予想する。



【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初月1ヶ月無料お試し実施中】


 GKにはこれまでと同様に権田修一で問題ない。前回予選を怪我の影響で欠場した吉田麻也も最終ラインに戻るだろう。ふくらはぎの負傷により2カ月近くピッチから遠ざかっている冨安健洋は前回に引き続き選外に。代役には前回の2試合でも優れたパフォーマンスを見せた谷口彰悟が適任だ。

 右サイドバックは酒井宏樹が濃厚だ。一方、長友佑都はJ1リーグ開幕戦で34分プレーしたが、その後は欠場が続いていた。12日のサンフレッチェ広島戦で約1か月ぶりの出場を果たしたが、今季は公式戦での先発出場がゼロ。90分プレーしていない35歳より、中山雄太を起用するのではないだろうか。

 中盤は遠藤航、守田英正、田中碧の3人と見ていいだろう。右ウイングには最終予選4戦連続ゴール中の伊東純也。フランクフルトで3月の公式戦3試合で2得点1アシストと好調の鎌田大地が外れたため、これまで通り南野拓実が左ウイングに入りそうだ。

 問題は1トップの人選だ。昨年末の負傷以来戦列を離れている古橋亨梧はメンバーから外れた。2日のリーグ戦で負傷した大迫勇也は直近のリーグ戦2試合を欠場し、今回のメンバー入りも危ぶまれたが、15日のAFCチャンピオンズリーグプレーオフで2得点をマーク。24日の大一番までにはまだ時間があるため、さらにコンディションが上げた状態で日本代表に合流することも可能だ。

1 2

新着記事

↑top