横浜F・マリノスがシドニーに2連勝。後半には退場者出しながらも3点目で突き放す【ACL】

2022年04月25日(Mon)21時52分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,


アジアサッカー・AFCチャンピオンズリーグ(ACL) 最新ニュース

横浜F・マリノス
【写真:Getty Images】




實藤友紀、西村拓真、アンデルソン・ロペスが決めて3-0


 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第4節が25日に行われ、横浜F・マリノスはオーストラリアのシドニーFCに3-0で勝利を収めた。


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】

【横浜F・マリノス 3-0 シドニーFC ACLグループH第4節】

 22日に行われた前回のシドニー戦には1-0で貴重な勝利を収め、グループ首位通過への望みを繋いだ横浜FM。中2日での連戦にはGK高丘陽平を除くフィールドプレーヤー10人を総入れ替えした布陣で臨んだ。

 3日前には終盤に決勝点を奪ったが、今回は序盤から畳み掛ける。まずは前半6分、左CK後の展開から水沼宏太が右足でクロスを入れ、飛び込んだのは實藤友紀。倒れ込みながらのダイビングヘッドを叩き込んで横浜FMに先制点をもたらした。

 さらにそのわずか5分後にも追加点。松原健が右サイドの深い位置から折り返したグラウンダーのクロスを西村拓真がゴール前で受けると、巧みなターンで相手DFをかわして左足でシュートを突き刺した。

 早い時間帯で順調に2点のリードを奪い、その後も落ち着いてボールを保持し時間を進める横浜FM。2-0で前半を折り返した時点では順風満帆かに見えたが、後半には雲行きが怪しくなり始める。

 西村が3点目の決定機を逃したあと、シドニーにも決定的なチャンスを作られてしまい、相手のミスに助けられる場面も。さらに64分、シドニーの決定機を阻止したと判断された角田涼太朗がレッドカードを受け、10人での戦いを強いられることに。

 それでもシドニーは数的優位を活かすことができず、逆に横浜FMは87分にアンデルソン・ロペスが決定的な3点目を奪う。3-0の勝利を収めた横浜FMが勝ち点を9に伸ばし、グループ首位争いはやはり全北現代との一騎打ちが濃厚な情勢となった。

【得点者】
6分 1-0 實藤友紀(横浜FM)
11分 2-0 西村拓真(横浜FM)
87分 3-0 アンデルソン・ロペス(横浜FM)

【了】

新着記事

↑top