最高額は誰だ! サッカー日本代表最新メンバー市場価値ランキング1~10位。最高約12億円から大幅下落したのは…【E-1サッカー選手権】

2022年07月17日(日)9時00分配信

シリーズ:日本代表市場価値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

1位:橋本拳人(ヴィッセル神戸)


【写真:Getty Images】


生年月日:1993年8月16日
市場価値:220万ユーロ(約2.6億円)
2022リーグ戦成績:8試合1得点0アシスト
日本代表通算成績:13試合1得点0アシスト

 2012年にFC東京のトップチームに昇格。最初の2シーズンは公式戦で出番がなかったが、ロアッソ熊本への期限付き移籍で経験を積み2015年に復帰すると、同シーズン後半戦より主力に定着。以降どんどんと存在感を強めていき、2019年には日本代表メンバーに初めて名を連ねることになった。

 2020年にはロストフに移籍。怪我に苦しめられることも多いが、1年目、そして昨季も主力の1人としてプレーしていた。しかし、3月にヴィッセル神戸に加入。ロシアのウクライナ侵攻を受け、国際サッカー連盟(FIFA)はロシア国内のクラブに所属する外国籍選手と監督は、所属先との合意に関係なく6月末(後に1年間延長)まで他国クラブと契約できるというレギュレーションを制定したため、これを用いて帰国することになった。

 そんなMFの市場価値はFC東京在籍時に最高150万ユーロ(約1.8億円)まで上昇。その後ロストフに移籍し活躍したことで、一時250万ユーロ(約3億円)となった。現在はそこからやや下がり、220万ユーロ(約2.6億円)となっている。ちなみに神戸の中では武藤嘉紀と並んでトップタイの金額だ。


【了】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top