ガンバ大阪、歴代最強外国籍選手5人。衝撃的だったエムボマとタイトル獲得に貢献したブラジル人ストライカー

2022年08月05日(Fri)11時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代最強外国籍選手
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

マグノ・アウベス


【写真:Getty Images】

マグノ・アウベス(ブラジル代表)
生年月日:1976年1月13日
在籍期間:2006年~07年秋
通算成績:53試合出場/36得点

 フルミネンセではブラジル全国選手権で得点王に輝き、元ブラジル代表のロマーリオとプレーしたマグノ・アウベス。2001年のFIFAコンフェデレーションズカップにも出場し、全北現代と大分トリニータでは、チームの得点源として活躍した。

 06年、アラウージョに代わるストライカーとして、前年にリーグ初優勝を果たしたG大阪に加入。AFCチャンピオンズリーグはグループステージ3位で敗退となったが、6試合で8ゴールを叩き出したアウベスは得点王となった。リーグ戦でも2度のハットトリックを含む26得点を挙げて得点王に輝いている。

 翌年は怪我の影響もあり成績が下降すると、11月に無断で練習を欠席してサウジアラビアのアルイテハドと仮契約を結んでいたことが判明。G大阪を契約解除になったアウベスはアルイテハドを経てカタールでもプレーした。その後はブラジルに戻り、45歳まで現役を続けた。

【次ページ】国内3冠の救世主

1 2 3 4 5

新着記事

↑top