ガンバ大阪、歴代最強外国籍選手5人。衝撃的だったエムボマとタイトル獲得に貢献したブラジル人ストライカー

2022年08月05日(Fri)11時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代最強外国籍選手
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

シジクレイ


【写真:Getty Images】


シジクレイ(ブラジル出身)
生年月日:1972年5月13日
在籍期間:2004年~07年
通算成績:122試合出場/9得点

 1997年に京都パープルサンガ加入したシジクレイは大分トリニータ、ヴィッセル神戸と渡り歩き、センターバックのレギュラーとして活躍。04年にG大阪に加入した。

 G大阪でも1年目からレギュラーに定着し、高い足下の技術とリーダーシップで最終ラインを統率した。翌年に外国籍選手として初となるキャプテンに就任すると、チームは初のリーグ優勝を達成。シジクレイはG大阪をJ1屈指の強豪へとステップアップさせた功労者の1人だと言えるだろう。

 ヤマザキナビスコカップ優勝に貢献した07年限りでG大阪を退団し、京都サンガに復帰して2年間プレーした。Jリーグ通算289試合出場は外国籍選手としてはマルキーニョスに次ぐ2位の数字となっている。

【次ページ】クラブ初のMVP

1 2 3 4 5

新着記事

↑top