救世主は誰だ! 異国からやってきた新外国人選手10人。韓国で大活躍のFW、フィジカル強力なアフリカ出身FWも

2022年08月13日(土)9時00分配信

text by photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

 Jリーグ各クラブは、シーズン途中のこの時期に補強を行っている。シーズン前半戦に課題だったポイントを強化するために、外国人選手を連れてくることも多い。欧州主要リーグは春にシーズンを終えるところが多く、そういったクラブから新戦力を迎えやすい時期という側面もある。今回は、Jリーグのクラブが助っ人として今夏呼び寄せた外国人選手の中から、10人をピックアップして紹介する。※出場記録などは『transfermarkt』参照。データは8月11日時点。


FW:ブライアン・リンセン(オランダ)


【写真:Getty Images】

生年月日:1990年10月8日(31歳)
昨季リーグ戦成績:34試合出場/13得点8アシスト
移籍先:フェイエノールト(オランダ)→浦和レッズ


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 今季のJリーグで得点力に問題を抱えている浦和レッズが急きょ獲得したのが、オランダ人のブライアン・リンセンだ。

 リンセンはオランダの名門フェイエノールトからの加入。170cmと身長は高くないが、抜群の技術と決定力でコンスタントなゴールを期待できるベテランアタッカーだ。実際、オランダ1部リーグでは2013/14シーズンから9シーズンで2桁得点を逃したのはわずか2回のみ。さまざまなクラブで実績を残している。

 ただ、先月23日に行われたパリ・サンジェルマン(PSG)との試合で負傷。試運転のはずが、肉離れでJリーグデビュー前に離脱となっている。期待の新戦力だが、ピッチに立つまでにもう少し時間が必要だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top