Jリーグ、夏の戦力アップ度ランキング【FC東京】補強の意図は? 小川諒也の抜けた穴、ブラジル人FW加入の影響は?

2022年08月17日(水)22時00分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , ,

FC東京 最新ニュース

 2022シーズンの第2登録期間は8月12日をもって終了し(J1リーグは9月2日まで追加登録できる)、ラストスパートを図るための戦力を揃えた。上田綺世や小川諒也が海外に活躍の場を求めた一方で、鈴木武蔵や松原后はJリーグに復帰するなど、多くの選手が活躍の場を移している。今回は、J1リーグ各クラブの補強状況を精査し、戦力アップ度をランキング化した。※情報は8月14日時点。補強ポイントと新加入・退団選手を加味してランキング化。新加入選手がいないチーム、監督・スタッフ等の人事は対象外とする。


【写真:Getty Images】



5位:FC東京

リーグ戦順位:8位
戦力アップ度:B
主な新加入選手:ルイス・フェリッピ、塚川孝輝



【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 アルベル監督を招へいした今季のFC東京は、新たなスタイルの構築を進めている最中だ。順位はトップハーフをキープしつつ人員整理も行われており、永井謙佑や出場機会に恵まれなかった高萩洋次郎は他クラブに出場機会を求めた。

 ルイス・フェリッピの加入により前線の迫力は増すことになる。188cmの長身FWがセンターフォワードに入ることで、ディエゴ・オリベイラやアダイウトンの特徴もより引き出される。

 ポルトガルへ渡った小川諒也の代役は、怪我から復帰したバングーナガンデ佳史扶の成長に期待することになりそうだ。塚川孝輝、木村誠二はともに前所属チームが志向するスタイルが似ていたこともあり、フィットにはそう時間がかからないと見られる。

 スタイルを浸透させるために必要な人材を補強した印象が強い。大幅な戦力アップとは言えないが、的確さで言えば高い評価を得るにふさわしい。

【了】

新着記事

↑top