Jリーグ、夏の戦力アップ度ランキング【川崎フロンターレ】新戦力ゼロで大丈夫? それでも戦力アップの理由

2022年08月19日(金)11時30分配信

シリーズ:Jリーグ補強診断
photo Getty Images
タグ: , , , , , , , ,

川崎フロンターレ 最新ニュース

 2022シーズンの第2登録期間は8月12日をもって終了し(J1リーグは9月2日まで追加登録できる)、ラストスパートを図るための戦力を揃えた。上田綺世や小川諒也が海外に活躍の場を求めた一方で、鈴木武蔵や松原后はJリーグに復帰するなど、多くの選手が活躍の場を移している。今回は、J1リーグ各クラブの補強状況を精査し、戦力アップ度をランキング化した。※情報は8月14日時点。補強ポイントと新加入・退団選手を加味してランキング化。新加入選手がいないチーム、監督・スタッフ等の人事は対象外とする。


【写真:Getty Images】



対象外:川崎フロンターレ

リーグ戦順位:6位
戦力アップ度:―
主な新加入選手:なし



【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 3連覇を目指して臨んだ今シーズン、川崎フロンターレに過去2年間のような圧倒的な強さはない。勝ち点を取りこぼした試合も多く、セレッソ大阪戦、湘南ベルマーレ戦のように守備が崩壊して大量失点を喫するというらしくない試合もあった。

 田中碧、旗手怜央らが次々と抜けた中盤は苦戦する試合も多く、昨季の得点王だったレアンドロ・ダミアンはここまで5得点と苦戦している。ただ、登里享平やジェジエウの復帰により最終ラインは主役が揃った。中盤は大島僚太が復帰すれば、バリエーション豊かな選手起用も可能になる。

 新たな新加入選手がいないのでランキングは対象外とする。ただ、登里やジェジエウの復帰は実質的な補強ともいえる。純粋な戦力アップという点では低評価となるが、終盤戦に向けて陣容は揃いつつあると言える。

【了】

新着記事

↑top