Home » 海外サッカー » 世界最高額のストライカーは誰だ? サッカー選手CF市場価値ランキング1〜10位。驚異の190億円越え! 堂々の1位に輝いたのは? » Page 2

9位:ガブリエウ・ジェズス(アーセナル/ブラジル代表)


【写真:Getty Images】


生年月日:1997年4月3日
市場価値:5000万ユーロ(約60億円)
21/22リーグ戦成績:28試合8得点9アシスト(マンチェスター・シティ)

 9位に入ったのは、今夏の移籍市場の目玉の1人、ガブリエウ・ジェズスだ。2017年冬にマンチェスター・シティの一員となった同選手は、在籍した約6シーズンで、計11個ものタイトル獲得に貢献。ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で国内タイトルを総なめにし、今夏にアーセナル移籍という新たな挑戦を決断した。

 マンCでは1人のアタッカーというイメージだったが、アーセナルではエースとして君臨。第2節のレスター戦では2得点2アシスト、第3節のボーンマス戦では1アシストをマークし、開幕3連勝の原動力となっている。

 そんなジェズスの市場価値は、現在5000万ユーロ(約60億円)となっている。だが、このまま好調を維持することが出来れば、間違いなく評価は急上昇する。そうなれば、今季終了後には自己最高額の8000万ユーロ(約96億円)を超えているかもしれない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top