UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)最新ニュース

 UEFAチャンピオンズリーグ22/23シーズンが現地時間7日に開幕する。8月にリーグ戦は開幕しており、1日には欧州主要リーグの移籍期間が終了した。昨季王者レアル・マドリードの連覇を止めるチームは現れるか、リバプールが決勝で敗れた昨季の雪辱を果たすか。注目ポイントは枚挙にいとまがないが、補強を終えた各チームの戦力は気になるところだ。今回は、各チームの戦力を4項目(攻撃、守備、選手層、勝負強さ)に分けて数値化し、ランキング形式で紹介する。


8位:パリ・サンジェルマン(フランス)


【画像:編集部】

監督:クリストフ・ガルティエ
21/22リーグ戦成績:優勝
21/22CL成績:ラウンド16敗退


【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 5月にキリアン・エムバペと新たな契約を結び、退団が噂されたネイマールも残留することとなった。クリストフ・ガルティエ新監督がスター軍団をどのようにまとめていくのかで結果は大きく変わってくる。

 MF陣は大きく顔触れが変わった。イドリッサ・ゲイエがエバートンに帰還し、ユリアン・ドラクスラー、アンヘル・ディ・マリアもいなくなった。ヴィティーニャ、ファビアン・ルイス、カルロス・ソレール、レナト・サンチェスを加え、一奇異に分厚い選手層となった。マルコ・ヴェラッティとヴィティーニャを中心にバリエーション豊富な起用が可能となった。

 実力と経験を兼ね備えた3バックは不動で、右CBと右WBを兼務できるノルディ・ムキエレの加入は心強い。前線も最強3トップを中心に、ポルトガルで結果を残したパブロ・サラビアが復帰し、20歳の有望株ウーゴ・エキティケが加入。イカルディの買い手がつかなったことも戦力的に見ればマイナスではない。

 不透明なのは指揮官の経験値と最終ラインの選手層だ。新監督にとっては、リール時代の19/20シーズン以来2度目で、前回はグループステージでわずか1勝しかできなかった。最終ラインはティロ・ケーラーとアブドゥ・ディアロを放出したにもかかわらず、新戦力はムキエレのみ。指揮官は守備陣の強化を求めていたが、ミラン・シュクリニアルの獲得に失敗したとも報じられている。選手層の部分で残る一抹の不安が、CLの舞台で影響してしまうのだけは避けたいところだ。

1 2 3 4 5 6 7 8

新着記事

↑top