サッカー 最新ニュース

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いサッカー選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した10代選手の市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値は10月1日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠


10位:ジョバンニ・レイナ(ボルシア・ドルトムント/アメリカ合衆国代表)


【写真:Getty Images】

生年月日:2002年11月13日(19歳)
市場価値:3500万ユーロ(約42億円)
22/23リーグ戦成績:4試合0得点0アシスト


【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 母国アメリカ合衆国代表のエースであるクリスティアン・プリシッチを輩出したボルシア・ドルトムントで、次世代のスターが羽ばたこうとしている。アメリカサッカー界のレジェンド、クラウディオ・レイナを父に持つジョバンニ・レイナはかつてニューヨーク・シティのユースチームに在籍していた。そして、アヤックスなどが獲得に乗り出す中、2019年ボルシア・ドルトムントと契約した。

 加入後はU-19チームでプレー。異国でのプレーへの適応期間を経て、2020年1月にトップチームに昇格する。アウクスブルク戦で後半27分から途中出場し、17歳2ヶ月5日という若さでプロデビューを果たした。10代から注目を集めてきたこの逸材は、偉大な先輩が羽ばたいたドルトムントと、初出場となるワールドカップでの活躍に期待がかかる。

 主に中盤の攻撃的ポジションでの出場が多く、卓越したテクニックと俊敏性が特徴的な選手である。ただ、怪我も多く、ここまでシーズンを通して活躍した年はない。それも影響してか、昨年12月に4200万ユーロ(約50億円)だった市場価値は現在、3500万ユーロ(約42億円)まで下落している。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top