フットボールチャンネル

Jリーグ 2年前

最高額のJリーガーは誰だ? サッカー選手市場価値ランキング16~20位

シリーズ:Jリーガー市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

16位:チアゴ・サンタナ(清水エスパルス)


【写真:Getty Images】


生年月日:1993年2月4日
市場価値:160万ユーロ(約1.92億円)
2022リーグ戦成績:27試合14得点6アシスト

 2011年から2018年まで7度の期限付きを経験した苦労人であるチアゴ・サンタナだが、2017年7月にレンタルで渡ったポルトガル2部のサンタ・クララでは不動のCFとしてリーグ戦33試合で15得点8アシストと見事な活躍を見せ、16年ぶりとなる1部昇格に大きく貢献。シーズン終了後には同クラブへの完全移籍を果たすも、1部の壁は非常に高く、得点やアシストという形で結果を残すには至らなかった。

 そして、再出発を目指し清水エスパルスへと渡ることに。デビューを飾ったリーグ開幕戦でいきなり得点を挙げると、その後もコンスタントに得点やアシストを記録し、加入初年度から定位置を掴むことに成功。今季序盤には足の骨折で長期離脱を余儀なくされたが、復帰後は不動のCFとして得点を次々と挙げ、今季は14得点でJ1得点王に輝いた。

 そのような活躍もあり、現在の市場価値は160万ユーロ(約1.9億円)となっており、今年1月に記録した自身最高額の170万ユーロ(約2億円)から若干下がった形となっているが、依然として高水準をキープしている。今季見せた活躍を来季以降でも維持することができれば、再び自身の価値を高めることになるだろう。


【了】

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top