サッカー日本代表、ボランチ問題が浮き彫りになったカナダ戦。光った柴崎岳と募る危機感【コラム】

2022年11月18日(金)10時11分配信

シリーズ:コラム
text by 元川悦子
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表は現地時間17日、UAEでカナダ代表と国際親善試合を行い、1-2で敗れた。やはり注目を集めたのは、遠藤航と守田英正を欠くボランチのパフォーマンス。柴崎岳は先制点をアシストし、途中出場の鎌田大地は調子の良さを見せつけた一方、危機感を抱かせたのも事実だった。(取材・文:元川悦子【UAE】)


遠藤航&守田英正不在のボランチ


【写真:Getty Images】

 23日のFIFAワールドカップカタール(W杯)初戦・ドイツ代表戦まで6日。日本代表は17日、本番前最後のテストマッチとなるカナダ代表戦に挑んだ。

【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】


 森保一監督は長期離脱明けの浅野拓磨と板倉滉を先発起用し、数日前まで別メニューだった田中碧もスタメンに抜擢。さらには所属クラブで出場時間の少ない南野拓実も頭から送り出すなど、コンディション調整や連係強化に主眼を置いたメンバーで戦った。

 中でも注目されたのは、遠藤航と守田英正不在のボランチ陣。この日はキャプテンマークを巻いた柴崎岳とケガ明けの田中のコンビだったが、彼らは初コンビだった9月のエクアドル代表戦では思うように機能しなかった。遠藤らが万が一、ドイツ代表戦に間に合わない場合、彼らで世界最高峰のチームと対峙できるのか…。それを試す絶好の機会となった。

「(碧は)ボールを受ける場所を探して、活発に動くタイプの選手。自由に動かしてあげて自分は中央に陣取ってバランスを見るようにしていた」と柴崎が言うように、彼は序盤からかじ取り役を担いつつ、田中をサポートしようと試みた。

 その流れから開始8分にいきなり見せ場が訪れる。

 中盤で南野のリターンを受け、ワントラップして縦へ展開。ゴール前に抜け出した相馬にピタリと合い、電光石火の先制弾が生まれたのだ。

 背番号7は自身の真骨頂のプレーが得点に結びついたことで安堵感をにじませ、次のように振り返る。

1 2 3 4

新着記事

↑top