「戦術・三笘」と言うのは日本だけ。サッカー日本代表の同点弾に演出した三笘薫の意図【コラム】

2022年11月24日(木)10時35分配信

シリーズ:コラム
text by 元川悦子
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表は現地時間23日、FIFAワールドカップカタール・グループE第1節でドイツ代表と対戦し、2-1で勝利した。日本代表は後半途中まで苦戦を強いられながら、試合終盤に逆転した。その中でも、三笘薫の働きは大きい。同点ゴールに直結した動きには、三笘の意図が込められていた。(取材・文:元川悦子【カタール】)


跳ね返すのが精一杯だったサッカー日本代表


【写真:Getty Images】

 2011年のAFCアジアカップ決勝・オーストラリア代表戦で李忠成が劇的決勝弾を決めたハリファ・インターナショナル・スタジアムで、23日に行われた2022年カタールワールドカップ(W杯)初戦・ドイツ代表戦。日本代表にとってゲンのいい場所での一戦だけに、ミラクル再現の期待が大いに高まった。スタンドの熱気も最高潮に包まれ、森保一監督と選手たちのモチベーションもかつてないほど高まった。

【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】


 そんな彼らは奇襲攻撃を仕掛け、前田大然の一刺しが開始早々に決まったかと思われたが、オフサイド判定で幻に。そこからは逆にドイツ代表に押し込まれ、ブロックを作って跳ね返すのが精一杯の状況に陥ってしまう。

 それでも、何とか耐え続けていたが、31分に権田修一がダヴィド・ラウムをひっかけてPKを献上。これをイルカイ・ギュンドアンに決められ、早くも1点をリードされてしまう。

 前半はその他にも危機一髪のピンチが続出したが、終了間際のカイ・ハフェルツの2点目がオフサイドで取り消されるなど、何とか運を味方につけて、しのいでいる印象が強かった。

 迎えた後半。森保一監督は意外な策に打って出る。後半頭から久保建英に代えて冨安健洋を投入。3-4-2-1へと布陣変更し、攻めの姿勢を鮮明にしたのだ。

1 2 3 4

新着記事

↑top