Home » サッカー最新ニュース » Jリーグ補強評価ランキング【京都サンガF.C.】得点王&正GKが退団。その穴を埋める新顔は?

Jリーグ補強評価ランキング【京都サンガF.C.】得点王&正GKが退団。その穴を埋める新顔は?

2023年01月31日(火)14時30分配信

シリーズ:Jリーグ補強評価ランキング
photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

京都サンガF.C.

 例年よりも長いオフを経て、明治安田生命J1リーグは2月17日に開幕を迎える。オフの間に去る選手もいれば、新たに加入した選手もいるが、果たしてどのクラブが最もパワーアップに成功したのだろうか。全18クラブの補強を精査して相対的に評価し、昨季からの変化を5段階(A~E)で格付けする(情報は1月29日時点)。


補強評価:D
昨季順位:16位


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 昇格初年度だった昨季は前半戦こそ健闘したが、ピーター・ウタカが調子を落とすとともにチームは得点力不足に陥り、降格ギリギリという結果だった。J1挑戦2年目の今季は主力の移籍も多く、京都の真価が問われるシーズンとなる。

 正GKだった上福元直人が抜けたが、エールディビジ通算129試合に出場したヴァルネル・ハーンを獲得した。J2時代に正GKを務めた若原智哉、ニュージーランド代表のマイケル・ウッドもいるため、大きな戦力ダウンにはならないだろう。

 センターバックはロアッソ熊本で成長したイヨハ理ヘンリーが期限付き移籍で加わり、競争は激しくなりそうだ。浦和レッズに復帰した荻原拓也が務めていた左サイドバックには曺貴裁監督の湘南ベルマーレ時代の教え子でもある三竿雄斗が加入。タイプとしては異なるが、京都のスタイルに溶け込むのに時間はかからないだろう。

 昨季は中盤の層に問題を抱えていたが、平戸太貴が加わったことが大きい。アキレス腱断裂から三沢直人が復帰すれば、武田将平、福岡慎平、川﨑颯太にかかる負担も減るだろう。

 前線はウタカと武富孝介が抜け、異なる特徴を持つFWが加わった。パトリック、一美和成、木下康介の新加入3人はボックス内で強さを発揮できるタイプ。彼らが最前線に据えられることでパウリーニョ、松田天馬、豊川雄太と言ったあたりの特徴がさらに引き出されるかもしれない。目立つような大型補強はないが、各所に的確な補強を施した印象だ。一方で、曺監督の湘南時代からの課題でもある得点力の部分が解決されなければ、昨季以上に苦戦する可能性もある。

【了】

新着記事

↑top