Home » サッカー最新ニュース » Jリーグ総合評価ランキング【横浜F・マリノス】優勝争いの主役? 計算できない不確定要素は?

Jリーグ総合評価ランキング【横浜F・マリノス】優勝争いの主役? 計算できない不確定要素は?

2023年02月06日(月)21時30分配信


タグ: , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

横浜F・マリノス

 例年よりも長いオフを経て、明治安田生命J1リーグは2月17日に開幕を迎える。オフの間に去る選手もいれば、新たに加入した選手もいるが、各クラブはどのように変化したのだろうか。1月下旬に掲載した「補強評価」では全18クラブの昨季からの変化を5段階(A~E)で格付けしたが、今回は戦力を総合的に比較して5段階で格付けする。


昨季順位:優勝
総合評価:A


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 クラブ史上2度目のリーグ連覇に向けて、横浜F・マリノスはベースを維持しつつも新しい血を入れた。昨季のMVP岩田智輝のセルティック移籍は痛手だが、岩田以外の主力は残留している。レオ・セアラ、仲川輝人が抜けた前線にはJ2で高いポテンシャルを見せていた植中朝日と井上健太、関東学院大学から村上悠緋を加えた。最終ラインには上島拓巳が加わり、全体としては若返る格好となった。

 昨季と同じようにAFCチャンピオンズリーグも含めた過密日程を戦い抜けるかがポイントになるだろう。昨季のようにターンオーバーでレベルが落ちなければ、複数タイトルの可能性も出てくるはずだ。

 そういった意味で鍵になるのは井上や植中も含めた若手の台頭だ。ボランチの山根陸、センターバックの角田涼太朗を筆頭に、ブレイクの兆しを見せる有望株が出場機会を増やせば、おのずと主力選手の負担も減ってチームのパフォーマンスは上がっていくはずだ。不確定要素ではあるが、有望な若手の成長を込みで考えれば、今季も優勝争いの主役になるだろう。

【了】

新着記事

↑top