Home » サッカー最新ニュース » 2023年Jリーグ戦力値ランキング【FC東京】アルベル2年目の手応え。優勝争いのための戦力は整った?

2023年Jリーグ戦力値ランキング【FC東京】アルベル2年目の手応え。優勝争いのための戦力は整った?

2023年02月17日(金)13時00分配信

シリーズ:Jリーグ戦力値ランキング
photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

明治安田生命J1リーグは17日に開幕する。アルビレックス新潟と横浜FCを加えた18チームで行われる今季のJ1で、横浜F・マリノスの連覇を阻止するチームは現れるのか。今回は、各チームの戦力を4項目(攻撃、守備、選手層、勝負強さ)に分けて数値化(各25点の100点満点)し、ランキング形式で紹介する。(数字は2月15日時点)


6位:FC東京


監督:アルベル
2022順位:6位(46得点/43失点)
2022成績:勝ち点49(14勝7分13敗)
戦力値:80(攻撃力20、守備力19、選手層21、勝負強さ20)


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 アルベル監督の下で戦った最初のシーズンは、新たなスタイルの手応えと課題の両面が見えた年になった。高いボール保持率で試合の主導権を握りつつ、アダイウトンらの特徴を活かすショートカウンターも効果を発揮した。一方で、試合によって好不調の波があり、サガン鳥栖や湘南ベルマーレといったインテンシティの高い相手との相性が悪かった。

 昨季をベースに特徴のある選手が各ポジションに加わった。MF小泉慶、SB徳元悠平、FW仲川輝人の加入により、戦力の底上げが実現。熊田直紀や東廉太といった昇格組も時代を担う有望なタレントだ。仲川の加入により速攻の威力やフィニッシュパターンは増え、小泉の加入により中盤の守備強度が増す。アルベル監督の志向するゲームを支配するスタイルに合った補強となっている。

 主力の退団が多い上位陣が多い中、FC東京の戦力は明確にアップしたと言えるだろう。松木玖生がいつ抜けるか分からないが、不確定要素は今回の評価では対象外。新加入選手がフィットすれば、昨季を上回る成績で優勝争いに加わることもできるはずだ。

【関連記事】
優勝候補はどこ? Jリーグ戦力値ランキング1~9位【2023】
残留争いは…。Jリーグ戦力値ランキング10~18位【2023】

【了】

新着記事

↑top