Home » 日本代表 » サッカー日本代表、新メンバー6人の通信簿。A〜Cの3段階評価、良かったのは?

サッカー日本代表 最新ニュース

FIFAワールドカップカタール2022後、新体制となったサッカー日本代表メンバーは26人中5人が初招集となり、キリンチャレンジカップ2023で3人が日本代表デビューを飾った。そこで今回は、初招集された選手とデビューを飾った選手をピックアップし、キリンチャレンジカップ2023での活躍を3段階(A~C)で評価する。


FW:中村敬斗(LASKリンツ/オーストリア)


【写真:Getty Images】

生年月日:2000年7月28日(22歳)
ウルグアイ代表戦:89分 IN
コロンビア代表戦:出場なし
評価:出場時間短くなし


【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 19歳で欧州へ渡った中村敬斗はオランダやベルギーで苦しい時間を過ごしたが、2021年8月にオーストリアのLASKリンツへ加入すると、ついに才能が開花。今季公式戦25試合14得点7アシストという凄まじい活躍を見せたことで、日本代表に初招集された。

 その中村は、ウルグアイ代表戦に89分から出場。三笘薫と代わってピッチに入り、日本代表デビューを果たした。しかし、出場時間はわずか数分だったため、得意の切れ味鋭いドリブルやストロングポイントである高精度のシュートを見せることができなかった。

 28日に行われたコロンビア代表戦では活躍を期待されたが、出番が回ってくることはなく、ベンチで試合を見届けることになった。結局、2試合の合計出場時間はわずか1分程度。選手本人にとっても期待していたサポーターにとっても残念な結果であることは言うまでもなく、左サイドのポジション争いに新たな競争は生まれなかった。

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top