Home » サッカー最新ニュース » 最強の11人!? Jリーグ“採点”ベストイレブン【CB】恐るべし守備力! “アジア最強”鉄壁のディフェンス

最強の11人!? Jリーグ“採点”ベストイレブン【CB】恐るべし守備力! “アジア最強”鉄壁のディフェンス

2023年06月08日(木)11時30分配信

シリーズ:Jリーグ採点ベストイレブン
photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

 明治安田生命J1リーグの2023シーズンはまもなく前半戦を終えようとしている。今季、素晴らしいパフォーマンスを見せている選手を選ぶべく、データサイト『Sofascore』の平均採点(10点満点)をもとに、ベストイレブンを選出した。(情報は6月5日時点。8試合以上に出場している選手が対象)


CB:アレクサンダー・ショルツ

ガンバ大阪戦でゴールを決めたアレクサンダー・ショルツ
【写真:Getty Images】

所属クラブ:浦和レッズ
生年月日:1992年10月24日
2023リーグ戦成績:15試合3得点1アシスト
2023平均採点:7.39(全体4位)


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 デンマーク出身のアレクサンダー・ショルツはベルギーのスタンダール・リエージュや母国のミッティランといった強豪クラブでプレーした経歴を持つセンターバックで、2021年5月末に浦和レッズに加入することが発表された。日本という異なる環境への適応にさほど時間はかからず、加入直後から出色のパフォーマンスでチームを支え、AFCチャンピオンズリーグ制覇にも大きく貢献している。

 加入から約2年が経過してリーグ戦62試合に出場しているにもかかわらず、そして、センターバックというタイトな守備が要求されるポジションにもかかわらず、いまだカードをもらったことがない。タックル数やインターセプト数が突出して多いわけではないが、クロスのポジショニングや1対1への対応が抜群にうまく、味方と連動してボールを奪う判断の良さが際立つ。今季のファウル数は15試合でわずか5回という驚異的な少なさとなっている。

 攻撃面での貢献度も高く、ボールを運ぶ能力と攻撃の起点となるパスを供給する能力が高い。パス成功率88.56%はリーグトップクラス。今季は3得点を挙げており、セットプレーのターゲットやPKキッカーとしても重宝されている。

【関連記事】
最強の11人!? Jリーグ“採点”ベストイレブン 全選手紹介
最強の11人!? Jリーグ“採点”ベストイレブン【FW】
最強の11人!? Jリーグ“採点”ベストイレブン【MF】

【了】

新着記事

↑top