フットボールチャンネル

Jリーグ 6か月前

【レンタル組通信簿】名古屋グランパスから期限付き移籍した5人。気になる移籍先での現状は…

シリーズ:レンタル組通信簿 text by 編集部 photo by Getty Images

FW:相馬勇紀

カーザ・ピアへレンタル移籍している相馬勇紀
【写真:Getty Images】


生年月日:1997年2月25日(26歳)
在籍クラブ:カーザ・ピア(ポルトガル)
リーグ戦成績:7試合0得点0アシスト
移籍先での評価:C

 早稲田大学4年次の2018シーズンに特別指定選手として名古屋グランパスでプロデビューした相馬勇紀は、主力としてグランパスを支えてきた。2021年には東京五輪に出場し、翌年7月のEAFF E-1サッカー選手権では3得点を挙げて大会MVPに選ばれ、同年のFIFAワールドカップにも選出されている。

 ワールドカップ閉幕から約1か月、今年1月20日に相馬の海外挑戦が決まった。ポルトガルのカーザ・ピアへの期限付き移籍が発表された2日後には初出場し、翌週のサンタ・クララ戦では初ゴールと初アシストをマーク。レギュラーに定着し、公式戦19試合2得点2アシストという成績で1年目のシーズンを終えた。

 移籍期間を延長して迎えた今季は、ここまで出場した公式戦9試合で得点とアシストはない。1部昇格1年目だった昨季と同じ10位につけるチームで先発出場を続けていたが、直近の第7節では今季初めて先発から外れた。攻守両面でハードワークできる特徴は重宝されているものの、やはり数字面では物足りない。ワールドカップ後は日本代表メンバーから外れることも多く、今回(10月)のメンバーリストにも名前はなかった。期限付き移籍は来年6月で満了となるため、相馬にとっては正念場になっているのかもしれない。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top