Home » Jリーグ » 最も集客した試合は? J2観客数ランキング1~10位。新たな因縁に新記録も【2023年】

最も集客した試合は? J2観客数ランキング1~10位。新たな因縁に新記録も【2023年】

2023年11月26日(日)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

 明治安田生命J2リーグの2023シーズン・レギュラーシーズンが終了した。今季最もスタジアムが盛り上がったのは、どのカードなのか。今回は、2023シーズンのJ2リーグ全462試合から、入場者数トップ10の対戦カードをランキング形式で紹介する。


10位:大分トリニータ対東京ヴェルディ

大分トリニータ対東京ヴェルディ
【写真:Getty Images】

観客数:1万5705人
開催日:2月26日(第2節)


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 2023シーズンのJ2リーグ序盤戦で多くの観客を集めた試合の一つが、大分トリニータ対東京ヴェルディだ。

 大分は2022シーズンのJ2で5位になり、J1昇格プレーオフ1回戦でロアッソ熊本に敗れていた。再びJ1を目指してリスタートとなるホーム開幕戦の相手が東京Vで、クラブは様々なイベントを用意。壁掛けカレンダーの配布や、アーティストのライブ、ハータイムビンゴ大会などで、本拠地のレゾナックドーム大分を盛り上げた。

 試合は後半序盤のセットプレーから藤本一輝が先制点を決めると、ファンに後押しされて、東京Vに多くのチャンスをつくらせず、1-0で逃げ切りに成功。大分は開幕2連勝を飾った。

 好スタートを切った大分は、その後も好調を維持して、第9節終了時点でJ2の首位だった。ただ、その後は徐々に順位を落としてJ1昇格争いに食い込めず、9位でシーズン終了。入場者数のピークがホーム開幕戦で、尻すぼみ感のあるシーズンだったと言えるかもしれない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top