フットボールチャンネル

Jリーグ 6か月前

【浦和レッズコラム】3年の集大成が始まる。伊藤敦樹がクラブW杯で世界へ挑む覚悟。クラブ・レオンとはどんなチームなのか

text by 編集部 photo by Getty Images

FIFAクラブワールドカップ サウジアラビア2023 最新ニュース

アジア代表の浦和レッズは15日、FIFAクラブワールドカップ準々決勝で北中米カリブ海代表のクラブ・レオンと対戦する。過酷だった2023シーズンをいい形で締めくくることはできるのか。まずはメキシコの強豪を相手にどんな戦いを見せるのだろうか。(取材・文:河治良幸)


負けたら1試合で帰国。3年間の集大成


【写真:Getty Images】

 浦和レッズはアジア王者として2007年、2017年以来、3度目のFIFAクラブワールドカップに挑む。サウジアラビアのジッダが会場となる今大会、浦和レッズは準々決勝のクラブ・レオン戦からの登場となるが、過去の大会と違うのは5位決定戦が存在しない。つまり、北中米カリブ海王者に敗れれば、1試合で日本に帰らないといけないのだ。

【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 ここまで57試合を戦ってきた浦和にとって、3試合増えれば年間60試合となる。アジア王者として世界に挑める貴重な機会であり、何より日本から彼らを送り出した浦和サポーターの思いも背負っている。また現役引退を表明したホセ・カンテや退任が決まっているマチェイ・スコルジャ監督にとっても、浦和で戦う最後のステージとなる。

 日本代表MFの伊藤敦樹は「本当に特別な大会で、簡単に出られる大会ではない。このクラブワールドカップは自分がプロに入って3年間、天皇杯からつながっている大会なので。集大成ではないですけど、今まで積み上げたところ、成長したところだったり、全てを出したい」と語る。

 どうしても世間の注目は準決勝で待つマンチェスター・シティに行きやすいが、準々決勝で戦うクラブ・レオンもメキシコの難敵。北中米カリブ海のCONCACAFチャンピオンズリーグではメキシコの強豪UANLティグレス、決勝では元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニなど、名だたるタレントを擁した北米MLSのロサンゼルスFCに競り勝っている。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top