Home » 日本代表 » このレベルで優勝できない…。サッカー日本代表、最新市場価値ランキング1〜10位。アジアカップで早期敗退のスター軍団

このレベルで優勝できない…。サッカー日本代表、最新市場価値ランキング1〜10位。アジアカップで早期敗退のスター軍団

2024年02月05日(月)6時00分配信

シリーズ:日本代表市場価値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

 サッカー日本代表は、AFCアジアカップカタール2023(アジア杯)の準々決勝でイラン代表に敗れて大会から姿を消した。今大会の日本代表メンバーで最も市場価値が高いのは誰なのか。今回は、データサイト『transfermarkt』が算出したデータをもとに、市場価値ランキングを紹介する。(※金額が並んだ場合はサイトに準拠。データは2月4日時点)


10位:守田英正

サッカー日本代表MF守田英正
【写真:Getty Images】

生年月日:1995年5月10日(28歳)
最新市場価値:1200万ユーロ(約16.8億円)
所属クラブ:スポルティングCP(ポルトガル)
23/24リーグ戦成績:14試合1得点3アシスト

アジアカップはDAZNが独占配信!
月額720円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 守田英正は2021年1月、市場価値が130万ユーロ(約1.8億円)だったときにポルトガルのサンタ・クララに加入して活躍すると、2022年夏に同国の強豪スポルティングCPに移籍し、さらに市場価値を高めた。最新の市場価値は、1200万ユーロ(約16.8億円)だ。

 日本代表で守備的な役割を担うことが多い守田だが、2022/23シーズンのポルトガル1部リーグでは、6得点3アシストを記録し、攻撃面でも結果を残している。優れた戦術眼を武器に良いタイミングで前線に飛び出していくことができ、攻撃に厚みをもたらすことができる選手だ。

 アジアカップ準々決勝のイラン代表戦では、その特長が出て、先制点をもぎ取った。その後逆転を許して敗退することになったものの、守田自身は十分な存在感を示したと言えるだろう。

 グループリーグでは、守田が欠場したインドネシア代表戦で旗手怜央が好印象を残していたが、守田はイラン代表戦で改めて自身の価値を示した格好だ。切磋琢磨する中で、さらなる進化に期待したい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top