Home » 日本代表 » サッカー日本代表からは? アジア杯ベストイレブン。アジア最高峰の選手たち【アジアカップ2023】 » Page 2

DF:ルーカス・メンデス(カタール代表)

カタール代表のルーカス・メンデス
【写真:Getty Images】


所属クラブ:アル・ワクラ(カタール)
生年月日:1990年7月3日
アジアカップ2023成績:6試合0得点0アシスト

 優勝したカタール代表は、守備の安定も見事だった。その最終ラインを統率したのが、ルーカス・メンデスである。

 メンデスはブラジル出身のセンターバックで、コリチーバでプロデビューしたあと、フランスのマルセイユへ移籍した。2013年9月にはアーセナルと対戦し、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場も経験している。

 その後、2014年にアル・ジャイシュに加入してカタールでのキャリアをスタートさせたメンデスは、国内で4クラブを渡り歩いてカタールに帰化し、昨年11月にカタール代表デビューを果たした。

 対人守備の強さはもちろんのこと、ブラジル出身のセンターバックらしく、攻撃参加も得意としている。大会を通じて得点はなかったが、ヨルダン代表と対戦した決勝戦では、CKから惜しいヘディングシュートを放っていた。

DF:冨安健洋(日本代表)

サッカー日本代表DF冨安健洋
【写真:Getty Images】

所属クラブ:アーセナル(イングランド)
生年月日:1998年11月5日
アジアカップ2023成績:4試合0得点0アシスト

 史上最強とうたわれたサッカー日本代表は、準々決勝敗退という悲惨な結果に終わったが、冨安健洋の存在は未来に向けてポジティブな要素だった。冨安の重要性はいまに分かったことではないとしても、改めてその価値を証明したと言える。

 コンディションが万全ではない状態で大会開幕を迎えた冨安は、第1戦のベトナム代表戦でベンチ外となったが、第2戦・イラク代表戦の後半からピッチに登場した。すぐに最終ラインを引き上げて、苦戦を強いられていた日本代表の守備を立て直している。

 それ以降は、日本代表の最終ラインに堂々と君臨し続けた。対人守備の強さやラインコントロールといった守りの部分で完璧な働きを見せると、攻撃時には高い技術でボールをさばき、左右どちらの足でも正確なフィードを繰り出して起点にもなっている。

 ベテランのような落ち着きをみせる冨安だが、まだ25歳と若く、伸びしろも十分にある。日本代表の大きな武器であることは間違いない。

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top