フットボールチャンネル

Jリーグ 2か月前

J1最高額は誰だ!? Jリーガー市場価値ランキング1〜10位。今季国内最強の男とは?【2024年最新版】

シリーズ:Jリーガー市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

 明治安田Jリーグの2024シーズンが開幕した。J1リーグで最も高い市場価値を持つのはどの選手なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※市場価値は2月22日時点。価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠。


10位:武藤嘉紀(ヴィッセル神戸)


【写真:Getty Images】

生年月日:1992年7月15日
市場価値:180万ユーロ(約2億5200万円)
2023リーグ戦成績:34試合10得点10アシスト

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
月額720円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 昨季のJ1でヴィッセル神戸の優勝に貢献した武藤嘉紀は、市場価値180万ユーロ(約2億5200万円)でリーグ10位だ。

 FC東京でプロとしてのキャリアを始めた武藤は、2015年夏にドイツのマインツに加入した。その後、2018年夏にイングランドのニューカッスルへ移籍した際に、市場価値が1000万ユーロ(約14億円)まで上昇している。その後はヨーロッパで価値を高めることができず、市場価値が250万ユーロ(約3億5000万円)まで下がった2021年夏に神戸で日本復帰した。

 武藤はJリーグで再び自身の価値を示しており、昨季は10得点10アシストを記録した。さらに、前線からの守備でもチームに大きく貢献し、攻守両面でチームを支えた。一般的に市場価値が下がる年齢だが、Jリーグ復帰後の減少は緩やかで、評価の高さがうかがえる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top