フットボールチャンネル

怪我さえなければ…。日本の「ガラスの天才」サッカー選手(3)次々襲う大怪我…。中田英寿以上とも称された怪物

シリーズ:ガラスの天才 text by 編集部 photo by Getty Images

海外日本人選手 最新ニュース

サッカー選手は常に怪我と隣り合わせだ。たった1つの怪我でキャリアを棒に振ってしまう選手もいれば、何度も大怪我を負いながらもその逆境を乗り越えて長く活躍する選手もいる。今回は最高級の才能を持ちながらも、怪我に苦しむキャリアを歩んだ“ガラスの天才”を紹介する。


MF:財前宣之


【写真:Getty Images】

生年月日:1976年10月19日
日本代表成績:出場無し

今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 Jリーグ開幕直後の日本サッカー界において、「天才」として注目されていた選手がいた。財前宣之である。抜群のテクニックを有していた財前は1993年のFIFA U-17世界選手権でベストイレブンに選出され、その才能は元日本代表の中田英寿をも凌駕すると評価されていた。だが財前は度重なる怪我によってそのポテンシャルを十分に発揮することができなかった。

 若くして欧州でのプレーを望んでいた財前は1995年にヴェルディ川崎のトップチームに昇格した直後にイタリアのラツィオに留学し、同クラブの下部組織に所属しながらトップチームの練習にも参加して才能に磨きをかけていた。大きな期待をかけられていた財前であったが、留学からヴェルディに戻ると、左膝前十字靭帯断裂の大怪我に見舞われてしまう。

 そして1996年に当時スペイン1部のログロニェスへ移籍するも、復帰を急いだ財前のコンディションは万全ではなく、合流後すぐに再び靭帯を断裂し、公式戦に出場することなくスペインを後にすることとなった。ヴェルディに戻った財前は傷を癒し、クロアチアのリエカを経て当時J2のベガルタ仙台に加入するが、ここでもデビューから6試合目に靭帯断裂の大怪我を負ってしまった。

 その後、度重なる大怪我を乗り越えた財前は、仙台とモンテディオ山形でプレーし、両クラブをJ1昇格に導く働きをするが、A代表に一度も招集されることなくスパイクを脱ぐこととなった。若い時はスペインに挑む日本人選手の先駆けとり、大怪我を経験しながらも35歳まで現役を続けて東北の地で確かな実績を残した偉大な選手であるが、10代の頃の評価を考えるとどうしても怪我が悔やまれてしまう。

【関連記事】
怪我さえなければ…。日本の「ガラスの天才」サッカー選手 全選手紹介
怪我さえなければ…。日本の「ガラスの天才」サッカー選手(1)
怪我さえなければ…。日本の「ガラスの天才」サッカー選手(2)

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top