ジオバニ・ロ・チェルソ

20201008_argentina_getty

アルゼンチン代表メンバーって誰がいるの? 現在の主力、フォーメーションは? 際立つ「個」、良くも悪くもメッシのチーム

ロシアワールドカップで早々に敗退し、コパ・アメリカ2019でも3位に終わったアルゼンチン代表。現在はそこからの立て直しを図っているが、リオネル・スカローニ監督は4-3-3、4-4-2、4-2-3-1といったシステムを頻繁に使い分けるなど、未だチームの形が定まっていない。メンバーは豪華だが、楽観視はできない状況と言えるだろう。今回は、そんなアルゼンチン代表の現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(代表成績は2019年11月18日のウルグアイ代表戦終了時のもの)。

EnglandMF13

プレミアリーグ最高のMFは誰だ! サッカー選手MF能力値ランキング11位~15位。モドリッチの後継者が登場(19/20シーズン確定版)

世界各国から選手が集うイングランド・プレミアリーグで最高のMFは誰か? フットボールチャンネル編集部では、各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたプレミアリーグ所属選手のランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

マウロ・イカルディ

欧州各国クラブ、主要移籍まとめ(3)。久保建英を新たに支える中盤とは?

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている(イタリアは9月より)。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はマウロ・イカルディ、ハキム・ツィエク、ニコロ・バレッラ、ジオバニ・ロ・チェルソ、フランシス・コクランの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

0611argentina_getty

アルゼンチン代表メンバー予想! もし今年コパ・アメリカが開催されていたら…メッシが活きる前線の構成は?

今年行われる予定だったコパ・アメリカ2020(南米選手権)は、非常に残念ながら、新型コロナウイルスの影響で延期となってしまった。14度の優勝を誇るアルゼンチン代表は前回大会で3位に終わっており、南米王者を決めるこの大会で雪辱を期すつもりだったに違いない。そこで今回は、もしコパ・アメリカが行われていたら、アルゼンチン代表メンバーはどんな面々となっていたのかを予想する。

トッテナム

トッテナム、エリクセン残留は吉か凶か。内部分裂回避なら初タイトルも十分狙える【粕谷秀樹のプレミアリーグ補強診断(6)】

2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はプレミアリーグでおなじみの粕谷秀樹氏がトッテナムの補強を読み解く。(文:粕谷秀樹)

新着記事

↑top