マルキーニョス

世界のトッププレイヤー能力値ランキング。名前に宿敵チーム名が入っている男が登場!Fチャン編集部が選定(86位〜90位)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかしそれらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

ブラジル代表

ブラジル、圧巻の強さを支えた「二枚看板」。6試合1失点、なぜ堅守は成り立ったのか?【コパ・アメリカ】

コパ・アメリカ2019(南米選手権)の決勝戦、ブラジル代表対ペルー代表が現地時間7日に行われた。ファイナルまで圧倒的な強さを誇ってきたブラジルは、このペルー戦でもその威力を発揮。3-1で勝利し、12年ぶり9回目となるコパ・アメリカ優勝を果たした。チームとして完璧だったが、その強さを支えたのは誰だったのだろうか。(文:小澤祐作)

鹿島アントラーズ

2008年Jリーグ。鹿島が2連覇、千葉は7分間で奇跡のJ1残留。北京五輪では…【Jリーグ平成全史(16)】

1993年に開幕したJリーグは今季で27年目を迎えている。平成とともに歩み成長し、そして時代は間もなく令和へと移行した。フットボールチャンネル編集部では、昨季までの26年間を1年ずつ振り返っていく。今回は2008年。

パリ・サンジェルマン

なぜこのメンバーで勝てない!? PSG、市場価格トップ5を紹介。1位は桁違いの金額に【編集部フォーカス】

世界屈指のビッグクラブであるパリ・サンジェルマン。フランス国内ではもはや敵なしだが、チャンピオンズリーグでは3季連続のベスト16敗退に終わるなど、欧州主要大会では結果を残すことができていない。しかし、所属する選手はスターばかり。これだけのプレイヤーを集めながら好成績を収めることができないのは不思議である。今回フットボールチャンネル編集部ではPSGに所属する選手の市場価格をランキング化。5位~1位を紹介する。(市場価格は『transfermarkt』を参照)

プレイヤーランキング

世界最高の輝きを放った守備職人は誰だ! ポジション別プレイヤー活躍度ランキング!(5位~1位/2月版・CB編)

フットボールチャンネル編集部では、月ごとのポジション別選手ランキングを選定中。今回はセンターバック(CB)編の5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

プレーヤーランキング

世界最高の活躍を見せたのは誰だ? プレイヤー活躍度ランキング!(15位~11位/2月版)

フットボールチャンネル編集部では、月ごとの選手ランキングを選定中。今回は15位~11位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

マンチェスター・ユナイテッド

好調・マンUが崩壊した理由。脅威となったPSGの“あのコンビ”、ポグバ退場も追い討ちに

チャンピオンズリーグ・ベスト16、マンチェスター・ユナイテッド対パリ・サンジェルマンの一戦が現地時間12日に行われ、2-0でアウェイチームが勝利している。リーグ戦では好調を維持していたマンチェスター・Uだが、この試合では力の差を見せつけられ、まさかの完敗となった。崩壊を招いた原因は、一体なんだったのだろうか。(文:小澤祐作)

20181227_eyecatch_getty

2018年南米ベストイレブンを選定。右SBはまさかの消去法…? MSNが再結成も!【編集部フォーカス】

2018年もいよいよ終わりが近づいている。今年はロシアワールドカップもあり、サッカーに対する注目度はかなり高まった。今回、フットボールチャンネル編集部では2018年を彩った11人の名手を、南米国籍の選手限定でピックアップ。一体、誰が名を連ねたのだろうか。

180206_focustwi_getty

5クラブ以上でプレーの“渡り鳥”外国人Jリーガー。歴史に名を刻んだ5選手 【編集部フォーカス】

外国人選手の中にも所属チームを変えずにプレーし続ける者はいる。一方で移籍を繰り返し、名を上げる選手も多い。自身の力を最も必要としてくれるクラブを渡り歩く彼らは、行く先々で結果を残してきた。今回は、Jリーグで5クラブ以上在籍した外国人選手5人を紹介する。

新着記事

↑top