ロメル・ルカク

20200610_belgiumfw_getty

ベルギー代表、ストライカーの系譜。FIFAランク1位到達までの道…苦難の時も支えたエースたち

ベルギー代表は今でこそFIFAランキングで1位になり、世界的な強豪に肩を並べているが、長きにわたって低迷していた時期もあった。2010年代の躍進が記憶に新しい一方で、ワールドカップやEUROへの出場を逃し続けていた2000年代や、さらには個性的なタレントが揃っていた1990年代にはどんな選手たちが活躍していたのだろうか。今回はベルギー代表における各年代のエースストライカーたちの系譜を振り返っていく。

0610belgium_getty

ベルギー代表メンバーを妄想! もしEUROが開催されていたら…ケガに苦しむアザール兄の代役は?

今年行われる予定だったEURO2020は、非常に残念ながら、新型コロナウイルスの影響で延期となってしまった。ロシアワールドカップで史上最高位の3位に輝いたベルギー代表はFIFAランキングで1位にランクインしており、優勝候補の一角としてこの大会に臨むはずだった。そこで今回は、もしEURO2020が行われていたら、ベルギー代表メンバーはどんな面々となっていたのかを予想する。

20200502_focus_getty

世界最高のストライカーは誰だ! CF能力値ランキング11位~15位。マンU対インテル…因縁の抗争勃発!(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

0213Lukaku_getty

インテルはルカクの持ち腐れ。不調ナポリに痛恨の敗戦、攻撃の形を最後まで作れず

コッパ・イタリア(イタリア杯)準決勝1stレグ、インテル対ナポリが現地時間12日に行われ、0-1でナポリが先勝した。インテルは、191cm94kgの巨体を持つロメル・ルカクを活かせず、無得点のままホームで行われた1stレグを落とした。(文:加藤健一)

新着記事

↑top