東京五輪

U22日本代表

フランス人が見たU-22日本代表。「久保建英らは絶対にチェックに行く」「ヴェンゲルも言っていた」

U-22日本代表は17日、キリンチャレンジカップ2019でU-22コロンビア代表と対戦し、0-2で敗れた。この試合中、日本サッカーに精通するフランス人ジャーナリストのフローラン・ダバディ氏に随時話を聞いた。(語り手:フローラン・ダバディ)

1116Doan1_getty

堂安律は東京五輪で「優勝を本気で狙う」。U-22日本代表をけん引する自負とわずかな不安

U-22日本代表は17日、キリンチャレンジカップ2019でU-22コロンビア代表と対戦する。A代表の常連だったMF堂安律が、来夏に東京五輪を控えるU-22日本代表に選出。U-20ワールドカップで躍動したときと同じ背番号7を背負う堂安は、強い責任感とわずかな不安を同居させながらこの合宿に参加している。(取材・文:藤江直人)

1116u22Japan

【U-22日本代表スタメン案】久保建英起用で五輪世代の融合を。コロンビア戦のイレブンをFチャン編集部が厳選

U-22日本代表は17日、キリンチャレンジカップ2019でU-22コロンビア代表と対戦する。今回は久保建英、堂安律、板倉滉らA代表でもプレーする選手も招集されている。東京五輪まではおよそ9ヶ月。限られた活動期間の中で、どのようなプレーを見せるのだろうか。

前田大然

前田大然はなぜマリティモで活躍できるのか? 現地で直撃、東京五輪への狭き門を突破するために【欧州組の現在地(6)】

今シーズン、欧州各国リーグでは多くの日本人選手がプレーする。若手からベテランまで、様々な思いを胸に挑戦する選手たちについて、日本代表を長く取材する熟練記者がレポートする。第6回はマリティモのFW前田大然。(取材・文:元川悦子【ポルトガル】)

日本代表新ユニホーム壁紙

日本代表 新ユニフォーム「日本晴れ」全容公開【フォトギャラリー】

サッカー日本代表の新ユニホームが発表!「日本晴れ(ニッポンバレ)」をコンセプトに、浮世絵から着想を得たグラフィックとなったデザインには様々な意見が寄せられているが、ここでその全容をチェックしてみよう。

新着記事

↑top