香川は左サイドでも輝ける――。ファン・ペルシー復帰後に求められるルーニーとの“三角形”

エース、ファン・ペルシーを怪我で欠いてもマンチェスター・ユナイテッドは好調だ。特に香川とルーニーは素晴らしい連携を見せている。懸念事項はエースの復帰だ。香川は左サイドに戻され、これまでの連携も失われる可能性がある。解決策はどこに?

2013年11月30日(Sat)11時15分配信

シリーズ:フットボール母国の神髄
text by 森昌利 photo Ryota Harada , Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: , , , ,

「シンジこそ今までのユナイテッドに欠けていたピースだ」

20131130_kagawa
CL・レバークーゼン戦でトップ下として躍動した香川【写真:原田亮太】

 レバークーゼン戦5-0勝利から一夜明けた朝、近所のニュースエージェント(新聞屋)で英各紙を買いあさっていると、ユナイテッドサポーターのマットが、顔を紅潮させて話しかけてきた。「昨日の試合を見たか?」。気のいい大工のマットは、僕が香川の取材をしていることを知っている。

「もちろん」と応じると、「シンジこそ今までのユナイテッドに欠けていたピースだ。これからモイーズはシンジを使い続けなくちゃいけない。シンジがいてはじめて中盤とFWがつながったじゃないか!」と、それは真剣な表情でまくしたてた。

「しかしロビンが帰って来たらどうなんだい?」と切り返すと、マットはその人の良さそうなひげ面をゆがめて「うーん」とうなると、そのまま黙り込んでしまった。

 同日のデイリー・テレグラフのチーフ・ライター、ヘンリー・ウインターも11月28日付の紙面上で、僕と同じ懸念を指摘していた。

 曰く、「この試合で誰よりも走ったのが香川。12.4キロを精力的に走破した日本代表MFのその動きが、相手にとって常に脅威になった。またルーニーと見事な連携も見せた。しかし、ファン・ペルシーが復帰すれば、彼はまた左サイドかベンチに追いやられ、フラストレーションを溜める日々に戻ることになるだろう」と。

 話は先週の金曜日にさかのぼる。11月22日、チェルシーの定例会見に出かけた。ジョゼ・モウリーニョにひとつ直接尋ねたいことがあったからだ。この前週、ポルトガル人闘将がレアル・マドリーに香川を引き入れようとしたことを認めていた。僕は、マドリーでどのように香川を起用したかったのか聞きたかった。

 しかし、僕の質問を聞いた瞬間、闘将の顔は曇った。それは予想できたことだった。

1 2 3 4 5 6 7

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top