大迫、1トップで先発も不発「全ては勝てなかったことが悔しい」

14日22時(日本時間15日10時00分)に行われた日本代表対コートジボワール代表戦。試合直後に大迫勇也が語った。

2014年06月15日(Sun)14時05分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

20140615_osako_getty
大迫勇也【写真:Getty Images】

 日本代表は現地時間14日、レシフェのアレナ・ペルナンブーコでのW杯初戦でコートジボワールと対戦し1-2で逆転負け。

 1トップとして先発したFW大迫勇也は試合後、ミックスゾーンで取材に対応し「全ては勝てなかったことが悔しい」とつぶやいた。

 そして、敗因を問われると、攻撃面では「一人一人の距離が遠かったことでパスミスが重なった」とし、守備面では「全体的に重心が低かった。それも一つの意図だったけど下がりすぎた。でも、後ろの気持ちも分かる」と、攻撃陣と守備陣がバラバラになったことで全体が間延びしたことを語った。

【了】

関連リンク

遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
強いやつに勝ちたい。世界中に認められたい
日本代表・山口蛍の『判断力』の磨き方
伸ばす力 世界で輝く「日本人選手」育成レシピ
僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代
本田圭佑選手プロデュースサッカースクール
柿谷曜一朗のサッカースーパーテクニックバイブル【DVD付】
大久保嘉人のサッカー攻撃テクニックバイブル
サッカー日本代表 きゃらぺた エンブレムVer.

新着記事

FChan TV

↑top