【W杯・試合採点】ドイツ対ポルトガル(グループG)

2014年06月17日(Tue)9時05分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

20140617_muller_getty
トーマス・ミュラー【写真:Getty Images】

GK 1 マヌエル・ノイアー 6.5点
 ほとんど出番なかったが、ロナウドのフリーキックなどを、きっちりセーブし、対応した。

DF 4 ベネディクト・ヘーベデス 6.5点
 対面するナニに、ほとんど仕事をさせなかった

DF 5 マッツ・フンメルス 7.5点
 守備の局面における仕事は多くなかった。攻撃では、最終ラインから絶妙なスルーパスを送り、セットプレーでは得点も決めた。負傷交代したので、怪我の詳細が気になるところ。

DF 17 ペア・メルテザッカー 6.0点
 試合を通じて何度か、潰しが甘く、相手を自由にするシーンがあった。

DF 20 イェロメ・ボアテング 6.5点
 対面するロナウドに、ほとんど仕事をさせなかった。

MF 16 フィリップ・ラーム 6.5点
 短いパスでリズムを作りつつ、ドリブルでチームに推進力も与えた。守備では、カバーリングを意識していた。

MF 6 サミ・ケディラ 7.0点
 守備の局面だけでなく、攻撃の場面でもハードワーク。積極的に前線に飛び出し、チームをサポートした。

MF 8 メスト・エジル 7.5点
 ドリブルや意表を突くパスで、ポルトガルを脅かす。先制点のシーンでも、ワンタッチの落としで、ポルトガルのペペとべローゾを引きつけて、PK獲得の起点になった。

MF 13 トーマス・ミュラー 8.5点
 ゴール前でのポジショニングや、落ち着きが素晴らしい。ハットトリックという結果を残した。マン・オブ・ザ・マッチ。

MF 18 トニ・クロース 7点
 色んな場所に顔を出し、ボールをさばき、ゲームを作った。コーナーからフンメルスのゴールをアシスト。

MF 19 マリオ・ゲッツェ 6.5点
 彼の、小さなタッチのドリブルは、対面するペレイラとって脅威だった。

途中交代

DF 21 シュコドラン・ムスタフィ 6.0点
 特に、危ないシーンもなく、試合を終わらせた。

MF 9 アンドレ・シュールレ 6.5点
 前線でよくボールに絡み、周りの決定機を演出。

MF 10 ルーカス・ポドルスキ 6.0点
 左サイドで、得意な形から仕掛けることもあったが、時間が短く、シュートを打てずに終わった。

1 2 3

新着記事

↑top