「サッカルーズの明るい未来を見通す」。3戦全敗にも指揮官への信頼厚い豪州。視線はすでに自国開催アジア杯へ

オランダ、チリ、スペインと対戦し3戦全敗におわったオーストラリア代表。ポスタコグルー監督は厳しい評価を下すも、国内メディアとファンからの批判は皆無だった。

2014年06月25日(Wed)15時05分配信

text by 植松久隆 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

スポ根顔負けの精神論を披露したキューエル

「サッカルーズの明るい未来を見通す」。3戦全敗にも指揮官への信頼厚い豪州。視線はすでに自国開催アジア杯へ
今季のAリーグの得点王のアダム・タガードが先発【写真:Getty Images】

 親指を立てて自信ありげなアンジ・ポスタコグルー監督の写真と「サッカルーズがスペインに勝てる理由」という野心的な見出しが付いた囲みを地元紙「Courier Mail」の一面に見つけたのは、スペイン戦の前日だった。

 コラムの指定されたページを興味深くめくると飛び込んできたのが「オージーよ、風のように走れ」という大きな見出しが付いたコラム。その独占コラムの筆者は、今季限りで現役を退いたオーストラリア・サッカーのアイコンであるハリー・キューエルだった。

 そのキューエルが、コラムの中でスペイン戦に備えるサッカルーズへのアドバイスを書いているくだりが、なかなか興味深い。

「アダム・タガードを始めとした、スペイン戦でチャンスを得る若い選手達への私のアドバイスは簡単だ、とにかく走れ、何も余計な事を考えずに。風のように走り、もうこれ以上走れないというところまで走り抜け」という、スポ根顔負けの精神論が繰り広げられていた。

 スペインに臨んだサッカルーズの先発の顔ぶれは、出場停止のティム・ケーヒルだけではなく、ケガで万全では無いマーク・ブレシアーノ(後半から途中出場)、マーク・ミリガンの両ベテランMFをも欠くいわゆる「飛車角落ち」と言えるものだった。

 ケーヒルの代わりには、先のコラム内でキューエルが個人名を挙げた期待の若手で今季のAリーグの得点王のタガードが先発するも、絶対的エースの代役という大任を全うすることが出来ないまま、良いところなく前半で退いた。

1 2 3 4

新着記事

↑top