日本代表の攻守のキーマンとなる森重真人選手が歩んだ少年時代

2014年10月09日(Thu)12時52分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

12人のJリーガーを輩出している広島高陽FC

 高陽地区では高陽リーグなどの少年団活動と並行して、代表チームである「広島高陽FC」の活動も行われていた。「1週間のうち、5日は小学校で練習して、残り2日は代表で集まる感じ。指導者もそれぞれの小学校から来る形で、僕の時は植村先生が監督でした」と森重は言う。

 その広島高陽FCは全日本少年サッカー大会の常連(9回出場)であり、現在までに田坂祐介(現ボーフム)や朝日大輔(現カターレ富山)、高柳一誠(現ヴィッセル神戸)、増田卓也(現サンフレッチェ広島)、渡大生(現ギラヴァンツ北九州)、川辺駿(現サンフレッチェ広島)、中山雄登(現ロアッソ熊本)ら12人のJリーガーを輩出している。広島のジュニア年代を長年リードしてきたといっても過言ではない。

「1つ上の一誠君なんか、打ったシュートが全部入るくらいズバ抜けていました。僕の代でも同じ口田小から一緒に代表に行った中にうまい選手がいたので、いつも切磋琢磨しあえた」

 真人少年はハイレベルの仲間との競争を前向きに捉えていた。

1 2 3 4 5

新着記事

FChan TV

↑top